すかんぴんのブログ「今日もヒマだぁ~」

暇を持て余して、お山、お絵かき、蕎麦打ち、山菜採り、キノコ採り、音楽鑑賞、オーディオ、パソコンと、あれこれ手を出し、もがいているジジイのページです。

男と女の違い

 ホームセンターのム○○にオークションの品物を発送する為の段ボールを買いに行こうとしたら、偶々コーヒーを飲みに立ち寄ったウーさんが、

「すかんぴんさんは良くム○○を利用するけど、あそこは何か買い物をすると特典ポイントでも付けてくれるの?」

と言う。

「んにゃ、まあ近いし、色んな品物が有るから利用しているだけさ。」

「そんならコ○○はポイントカードを持っているんだから、そっちの方を利用した方がいいんじゃない? 段ボールくらいコ○○だって売ってるでしょ。」

 

 まあ確かにそうだと思い、今日は段ボールはコ○○で買った。ウーさんの言うには、例え僅かずつでもポイントが溜まればダンボールの一枚くらい直ぐに買えるじゃないかと。仰る通りで有る。なるほど主婦の方はポイント3倍なんて日に買い物をするようにしているし、ポイントが無い店より、有る店で買い物をしているようである。

 

 これに対してオイラ達男共はポイント云々より品物の価格が高けりゃ意味が無いだろう。僅かなポイントの違いで買い物に行く日やお店を買えるなんてアホらしいとして、重要視していない。しかし、オイラみたいな低所得者は無駄な出費を押さえるのも本当は大事な事なのだ。それにム○○とコ○○と価格が大幅に違っていれば別だが、同じ市内で営業していてそんなに違うはずも無いので、こりゃあウーさんの言う通り、ポイント稼ぎをした方がいいかも。

 

 と言う訳で今後は我が家よりやや遠いがコ○○の方で特に品物が見つからないような場合を除いて買うことにしました。最近はホームセンターで買い物をすることが多いので、案外ポイントはバカに出来ないかも?

 

 さて午後からマーさんがコーヒーを飲みに立ち寄って言うには、コロナ禍で何処へも行けないので退屈凌ぎにパチンコへ通ってるんだけど、まあ勝ったり負けたりを繰り返して、通算20万くらい負けているかな、との事。

「キーミ、キミ、黄身は白身の中にある。(なんのこっちゃ?)君はまだそんな不埒な行為に及んで居るのかね。そんな手仕事が上手く行く訳が無いだろう?」

「いやまあ、それは分かってるんだけど、やっぱり退屈だからさあ。ついつい手を出しちゃうんだよ。でもたまには5,6万稼ぐ事もあるんだぜ。」 

「でもトータルでは負けてるでねえの。大体パチンコなんてえ物は余程の事がない限り、胴元であるパチンコ屋が損する訳がない。それが分かってて通ってるんだからしょうもない。」

 

 つまりは男という動物はロマンを求めると言うか、一攫千金を夢見ると言うか、ま、言ってみれば博奕好きなんですな。だからコツコツとポイントを溜めてなんてのは性に合わないのでしょう。その点女性の方は現実的であらせられるから、いつか大金が転がり込んでくるなんて夢みたいな事は信じないで、今の一円、1ポイントを大切にする。

 

 まあ、全員がそうだと言う訳じゃ無いが、概してその傾向があるという事です。これは一つには長年日本が男性中心社会で、つまり男が働いて女が家庭を守るという仕組みから、そう言う傾向になって行ったんじゃないかと推測する。おお、何だかポイントの話から経済学、社会学の崇高な話になってきたな。エッヘン、そういう訳で買い物を通してのすかんぴん先生の有難いお話が聞けて良かったであろう。(なーにを威張ってるんだか)

 

 あー、それはともかく、オイラとしてはポイント稼ぎも大事だけれど、上手な買い物をすると言う事も大事だと改めて感じた。まあ、これは車の両輪のような物で先の目標をちゃんと見据えてコツコツと努力すると言う事ですな。オイラの好きな言葉、将棋の故升田九段の「着眼大局、着手小局」と同じだ。男と女、考え方が違うから、案外上手くやって行けるのかも? あ、こういう事を書くとジェンダー・フリーの連中から責められる? くわばら、くわばら。

 

 

オリンピックは開催それとも中止?

 水泳など様々なオリンピックの予選が国内で行われているが、一体オリンピックはどうするのか、いつまでもIOC日本オリンピック委員会も中々決定しない。まあ表向きどちらの組織もやる気満々だが、果たして現実に開催出来るのかというと甚だ疑問である。

 

 そもそも我々国民には詳しい情報は何ら知らされていない。即ち今現在どれ位の国と選手が参加を表明しているのか。またどれ位の国と選手が参加を表明すれば開催とするのか、基準が全く示されていない。そして各国の予選会状況はどうなっているのか、これまた全く分からない。

 

 こんな状況で聖火リレーを行い、既成事実を積み上げて何とか開催に持って行こうとするのは強引すぎないか? コロナ患者が国中で急増している時にオリンピックを開催し、只でさえ医療崩壊しそうになっているのに、尚更それに拍車を掛けないか?

 

 大体東京の新型コロナ患者の検査数が異常に少ない。大阪よりもずっと人口が多いのだから、検査数を増やせば本来東京の方が多いはずなのだ。それがここのところずっと大阪より少ないのだ、しかも変異ウイルス患者数も少ない。これはどう見たっておかしい。意図的に検査数を押さえているとしか思えない。

 

 昨年もオリンピック延期が打ち出されるまではやはり検査数が極端に少なかった。結局国はどうでもオリンピックをやりたいのだろう。まあ様々な利権が絡んでいるから、止めるに止められないのだろう。人の命と代表選手の名誉と企業の利潤を秤にかければ、どれが一番重いか言わなくても分かるはずだ。

 

 オリンピック開催でどれだけコロナ患者が増えようと、また死亡しようと国や政治家は絶対に責任を取らない。オリンピックを開催したからと言って、患者数が増えた明確なエビデンスが無いと言って逃げを図るのだろう。もう最初から責任なんぞ取る気が無いから、平気でオリンピック開催は強行したいのだ。

 

 しかし少なくとも開催しなければ増えるリスクは軽減されるはずだ。コロナ収束のためにはあらゆる手段を尽くすと首相は言っておきながら、蔓延防止宣言やら緊急事態宣言のかけ声だけで、具体的に何も対策を示していない。

 

 今こそコロナ専門の救急病院を作るとか、検査数を大幅に増やし、自分が罹患していたと分かった人を隔離する建物を沢山確保するだとか、やらなければならないことは山程有る。それが今やワクチン頼みに終始しているとは情けなくて涙が出る。私達はこんな危機意識の無い人達に政治を任せていたのかと思うとただ腹が立つばかりだ。

 

 既にオリンピックは商業主義に侵され、利権の巣窟となっている。もうこの際開催地をアテネに固定して暑くない秋に行い、競技数も大幅に減らし、選手主体のオリンピックに立ち返るべきではないか。私はいっそ大会が中止になり、オリンピックその物をもう一度見つめ直して欲しいと願う。ん? だから私は嫌われるのか?

 

 

インコの思い出(リメイク版)

 昔我が家でもインコを飼っていたことは以前書いた。でも今夜はネタが無いからまた書くぞー。(ハイハイ、勝手にやってね)

 

 セキセイインコが3羽でダルマインコが1羽である。セキセイインコの方はまず青い色をした奴が最初に我が家に迷い込んできた。おお、コイツは運がいいわい。生き物が好きなオヤジ殿は早速これを飼った。嘴の上の鼻の所が青かったので、コイツは雄と判明した。

 

 1羽で買っていても良かったんだけど、どうせなら嫁をあてがってやりたいと思い、ペットショップで雌を買ってきた。これは黄色い奴だったので、鳥籠の中はカラフルになった。元々買っていた雄は中々物まねが上手く、オヤジ殿の言う台詞を直ぐに覚えたが、買って来た雌の方は能なしで一向に覚えが悪い。

 

 しかし感心にもこの雌はめでたくご懐妊遊ばされた。(卵を産むのにご懐妊って言うの?――エエイ、ウルサイ!)だが雌は一所懸命卵を温めることに専念したが、どうしたことか卵はかえらず、衰弱した雌は哀れ昇天なされた。

 

 雄はまた元のチョンガーに戻ったが、脳天気に物真似は益々磨きが掛かって行く。かなり昔のことなので今では何をしゃべっていたが良く覚えてないが、インコという奴は囀る時と言葉を話す時とは声の質やトーンが違うのである。少し低く小さな声でグジュグジュ喋る。しかも人が側で見ている時は決して喋らないのだ。まあ、そういう訳で独り者になったのにコイツは何処吹く風だった。

 

 一方雛の誕生を見てみたいこちらとしては後妻を迎えてやるかと検討したが、前のことがあるから、買ってまで宛がうことはあるまいと言うことになった。(ケチ!)

 

 ところが幸運なことにまたまたインコの黄色い奴が迷い込んできたのだ。これは飛んで入ってきたと言うよりも、玄関を開けておいたら、雄の声に導かれてか、ノコノコと入ってきた。はい、そうなれば逃しませんよ。労せずして2羽目をゲットです。しかもこれは雌だった。ん? おみゃあ、後妻に来たとか?

 

 で、程なくしてこの方もご懐妊ね。(だから卵を産んだんだろ)今度は大丈夫だろうって思い、固唾をのんで雛の誕生を待った。所が今度も卵はかえらず、哀れ後妻も産後の肥立ちが悪くお亡くなりになった。こうなると問題は雄の方に有ったのではないかと、猜疑の目を雄に向けることになる。コイツはスイカじゃ有るまいし、ひょっとして種なしだったのでは?

 

 この嫁殺しめの非難をよそに相変わらず雄は物真似にいそしんでいた。しかし雄も寿命が来たのか、有る時を境に元気が無くなって行き、嫁達の待つ天国へと旅立って行った。

 

 今思うになまじ嫁など与えなかった方が良かったのかも知れない。そうすれば嫁達の悲劇は無かったろうし、雄も気楽に物真似出来ていただろうに。エーッとそれからダルマインコの事は以前書いたことがあるから割愛。コイツも良く物真似したんだけどね。

 

 と言う訳でダルマインコが無くなって以来、我が家では生き物を飼ったことが無い。オヤジ殿はマメで生き物の面倒見がいいんだけど、アタシャ面倒くさがり屋で縦の物を横にもしないどころか、そのまんまにして置くくらいだから飼える訳無いでしょ。花を枯らすのを見ても分かるでしょ。

 

 でもたまにホームセンターへ行ってペット売り場でインコを見ると、ついまた飼いたくなっちゃうんですけど、お値段を見て諦めるんです。また何処かから逃げてきてくれないかなあ。でもノメシコキの匂いのする所にはやって来てくれそうにありません。動物はよくご存じですな。

 

 

ベスト・マッチ

 新しい管球プリアンプを導入してからどうもミーさんには受けが悪い。つまり音の角が丸まって、ジャズが生き生きと聞こえてこないと言うのだ。まあ、確かに少し力感がなくなったのと、彼が言うように所謂エッジが立たなくなってジャズらしい迫力が少し薄らいだようだ。まあヴォーカルなんか悪くないんだけどなあ。

 

 そこで今日は暇だったので、まずカートリッジの付け替えをやった。今迄オルトフォンのSPU-GEを付けていたのを外し、代わりにモノラル・カートリッジのオルトフォンCG25Dを付ける。これでモノラル盤を掛けてみる。おお、力感が増し、張りのある音になった。これぞジャズ・サウンド。うむ、狙い通りじゃ。

 

 さて今度は今迄試してなかったウェスタンの9Aカートリッジで新しいアンプを聴いてみる。9Aは以前のトランジスター・プリではややキツくなる傾向があったが、今度はどうか? なおこの9Aにはステレオ針を付けてある。結果はこれもOK。ふふふ、拙者の狙いに狂いはないぞよ。(まーた、偶々上手く行っただけなのに)

 

 ただ9Aは何せ針圧が重い。アームの後ろにおもりを乗せて幾分針圧の軽減を図ってはいるが、それでも針圧14gだ。尋常の重さではない。余り大事なレコードを掛けると、9Aの足跡が付いてしまう。それで今日はまあどうでもいい盤を中心に掛けたが、これが結構良かった。特に八城一夫トリオによる「ピアノ・ムード・ワイド・スペシャル」と銘打ったイージー・リスニングミュージックは良かった。彼がジャズピアニストだけに単なるムード・ピアノになっていない。それでいて肩肘張らずに聴ける。他人様から戴いたレコードではあるが儲かっちゃった。

 

9Aカートリッジが新しい管球プリアンプにベストマッチになった。

f:id:wasakoki7778:20210408211854j:plain

 

只で戴いたレコードだから、どんなに針圧を掛けようとへっちゃらだよ~ん。

オマケに内容は良かったし、これぞお買い得レコード。(買ってないじゃん)

f:id:wasakoki7778:20210408211742j:plain

 

 9Aは反ったレコードやゴミに弱く、直ぐに針飛びを起こす。まあモノラル針で針圧をがっちり掛ければ、余りその様な心配は無いのだが、今度はレコードの方がね。(笑)ともあれ2台のプレイヤー、5本のアームを駆使しているので、結構自分好みの音が聴ける。漸く音のことであれこれ悩む必要はなさそうです。(ホントかな?)

苗を植える

 貧相な我が家の庭にも少しは花を植えて賑やかにしなくてはならぬと言う訳で、今日は花苗を買って植えることにした。えへへ、買うのは安物の花ばかりだよ~ん。だってどうせオイラ直ぐに枯らしてしまうんだもん。(枯らさなきゃいいだろ)ふふふ、人呼んで我が輩のまたの名はマリア・カラスならぬ”ハナヲ・カラス”じゃ。(自慢になるか、アホ!)

 

 まあ、5月いっぱい咲いてれば上等です。地植えにする花、フラワー・ポットに植える花など適当に選んで植え付けました。植えたからには毎日水やりをしっかりやらなきゃならんのだが、これがいい加減。最初のうちは一所懸命やるのだが、段々怪しくなってくる。エー、そのうち花が元気がなくなってきて、お決まりの姿になる訳でげすな。(落語やってる場合か)

 

 まあ、今年はそうならないように精々頑張ります、ハイ。あ、そうそう花苗のついでに今年は花木も一本買ったとよ。杏の苗木じゃ。これで裏庭には梅、枝垂れ桜、杏、花桃、と揃ったから、花のリレーが出来るという物だ。まあ、枯らさなければだけど。(笑)

 

 と言う訳で裏庭はヒバやらライラックやらも何本も植えてあるので、皆成長すれば結構ジャングルになるかも? ま、いっか。オイラ、その頃にはとっくにくたばってるもん。知ーらないっと。(無責任の極みですな)

 

 さてみんな無事に育って盛大に花見が出来るまで、オイラは頑張っていられるかな? 精々気張ってみましょう。

 

我が脂の枝垂れ桜。満開記念に写真に収めておこう。

f:id:wasakoki7778:20210407144834j:plain

 

エヘヘ、今年は予算の関係で一鉢に一株しか植えないよ~ん。(ケチだねえ)

f:id:wasakoki7778:20210407144907j:plain

 

実を食べる気はさらさら無いのだから、綺麗な花を咲かせておくれ、杏君。

ナヌッ、「アンズるより水やりがよろし」とな。ご尤も。

f:id:wasakoki7778:20210407144844j:plain

 

早とちり

 昨日二つ有ると思った絵はやはり一つしか無い様だと分かった。つまり有る業者さんが出品した物を今出品している業者さんが落札して額装を換え、新たに出品したようなのだ。落札年月日と出品年月日の日付からどうもそれらしい。

 

 それにしても飛んだ勘違いをした物だ。私の所有している「伊豆の網代港」の絵が複製だった物だから、ついひょっとしてと考えた。まあ真作で良かった。さてそうなるとまた欲しくなってくるから現金な物だ。しかし以前の落札価格の15,400円をとっくに突破しているから、こりゃあ何処まで行くか些か心配だ。

 

 まあ絵を買うなんざ私みたいな貧乏人にとっては道楽みたいな物だが、日々眺める度に楽しませてくれるとしたら、それはそれで決して高い買い物とは思わない。他の物を倹約して手に入れることに満足感がある。まあこれで毎日の夕食メニューが一品減るかも?(笑)

 

 落札したら早速壁に掛けるとしよう。ちょうど今の季節を描いた絵だから格好だ。バブルの頃だったらとても買えなかったS氏の絵が手の届く所に来ている。こりゃあ是非とも何とかしたい所です。ま、そうかと言って無理をする必要は無い。自分の身の丈に合った金額でなければ後で悔やむだけですから。さて落札されるのは明日の晩。果たしてどうなりますことやら。

真作が二つ?

 バブルがはじけてからと言うものすっかり絵画の価格は下がってしまった。私もあの頃は景気が良かったので数点絵画を購入したことがある。元々絵は好きだったし、絶えず好きな絵が目に入る所にあれば気持ちも和むと言うこともあった。

 

 さて今から30数年前、我がオヤジ殿も私と同じく書や絵は嫌いでなかったから、ある晩絵を売りに来た旅回りの画商から私に絵を買ってやることになった。私はその中から伊豆の網代港を描いた絵を選んだ。光線の向きが変で陰の付け方が嘘だったが、中々雰囲気の良い絵だったので気に入ったのだ。その頃の値段で確か5万位していたように思う。以来結構壁に掛かっていた期間は長かったように思う。最近は自作の絵や、他の絵に交換されてとんと出番がないが。(笑)

 

 その後絵を購入すると言うことは無かったが、最初に述べたようにネットなどを覗くと、最近は絵の値段は著しく下がっているのが分かり、あの頃購入出来なかった絵も手に入れられると思い、色々と探していた。そんな時先の網代港を描いた絵が出品されていたのである。これには度肝を抜かれた。

 

 私が買って貰った絵は真筆だった筈なのに、何故同じ絵があるのか? まあ良く考えれば分かることだが、恐らく真筆ではなく、リトグラフか何かの複製品だったに違いない。それを真筆と偽ってドサ回りの画商達は売り歩いていたのだろう。そのうちの一つがネットに出た物に違いない。しかしまあこの程度の絵で良くリトグラフにした物だと思うが、逆に有名品でないからリトグラフでも真筆と誤魔化せるのかも知れない。

 

 まあ高々5万程度の絵で真筆もクソもないが、これがある程度有名な画家となってくるとそうは行かない。たまたま今回嘗て「一枚の繪」などで売れっ子だったS氏の作品がネットに出ていた。10号の作品で初値は何と5千円である。S氏は号12万の作家である。その真作が初値とは言え5千円とはいやはや驚いた。私の嘗ての取引先の社長さんがこの方の絵をかなり買われている。みな80万、100万は払って買った物だ。

 

 私はこの作家の作品は好きだったがその頃は余りに高いから買えなかった。それが5千円なら即買いだ。早速11,000円を入れて入札。すると当然の如くあっさり他の方に抜かれたが、それは止む無しと思った。と、ここで私は一体S氏の作品はどれ位で落札されているか、過去のオークションの落札価格を調べてみた。

 

 そうすると価格よりも驚いたことがあった。それは今手に入れようとしている絵と全く同じ絵が15,400円で落札されていたのである。こちらも真作となっている。これはどういう事??? 私は早速出品者に質問したが、未だに梨の礫である。考えられることは先の「伊豆の網代港」同様これも複製品では無いかと言うこと。

 

 S氏始め、「一枚の繪」の作家の方達は同じモチーフで同じ様な絵を描く事が多いが、丸っきり寸ぷん違わず同じ絵を描くことはあるまい。してみるとどうも怪しい。私は一気に興ざめしてしまった。複製品でも良い絵なら作者直筆のサインでも有れば皆さん購入すると思うのに、何で真作と謳うのか。甚だ残念で有る。昔と違って今やネットが有るからひょんな事から事実が判明する。有る意味怖いですね。

 

 ともあれ絵画の商売の世界は百鬼夜行。油断しているととんだ目に遭いそうですな。はてさてこうなると昨日私が落札した絵もまた同じ物が出品されなきゃいいが。(笑)戦々恐々としているすかんぴんでした。