すかんぴんのブログ「今日もヒマだぁ~」

暇を持て余して、お山、お絵かき、蕎麦打ち、山菜採り、キノコ採り、音楽鑑賞、オーディオ、パソコンと、あれこれ手を出し、もがいているジジイのページです。

やってる振りが好きじゃのう

 政府が30万円を支給するというので、ケチな安倍政権にしては思い切った事をするわいと思っていたら、何のことはない。一人当たりではなく一世帯当たりなのだ。しかも対象となるのは「住民税非課税世帯」と「一定の所得制限を定め、収入が5割程度下がるなど急減した世帯」だ。しかも給付を受けるには自己申告しなくてはならないという。

 

 この非常時にしかも日々どうやってこれから暮らしていこうかと考えている低所得者層に煩雑な事務手続きを行わせ、只でさえ忙しいのに、その対応に当たらせる役人さんたちの仕事を増やす。そしてこの手続きを終えて支給されるのは5月末頃になると言う。

 

 もう話にならんがな。仕事を失ったり、収入の道が途絶えたりしている人達が、そこまで待っていられると思うのか。家賃やその他の経費などは待っちゃくれないんだよ。明日食べる物さえ事欠く人も居るのに、何でそんなに悠長なんだ。今すべきことは尤もスピーディーにしかも効果的に支援できることをやるべきだろう。

 

 それには国民全員に一律現金給付が一番手っ取り早いのである。これを何でしないのか?他の国々はとっくに採用している。麻生財務大臣が現金給付にはどうも難色を示してるらしい。どうも現金給付だとリーマンショックの時に貯蓄に回って、余り買い物に使ってもらえなかった事から反対していたらしい。

 

 しかしあの時は消費が低迷していただけで、商売活動を実質的に規制されていた訳ではない。それに比べて今回は仕事をする機会を奪われているのだ。その苦しさはリーマンショックの時とは比べものにならないだろう。特に外出自粛要請や、イベント自粛要請によって、それに関係しているご商売の方々は苦労は如何ばかりか。

 

 下々にはこんな条件を付けて支援金を貰いにくくしているくせに、さも大盤振る舞いしているように見せかける。まさにやっている振り内閣だ。ところが一方で大企業には1,000億円の出資を検討しているという。中小企業には融資・貸し付けであるのに、内部留保463兆円も貯め込んでいる大企業には何で出資なんだ。おかしいだろう。

 

 麻生さんと言い、安倍さんと言い、やはりお坊ちゃま政治家には庶民の塗炭の苦しみが伝わらないらしい。でもね、今の日本政府の施策は世界の国々から失笑を買っていますよ。その事はお忘れないように。

マスク2枚配布って、何じゃこりゃあ

 安倍首相がまたもや唐突に全世帯に2枚ずつマスク配布を宣言した。これを聞いて私は思わず「エー、何だ、それ? バッカじゃないの」と思ってしまった。こう思ったのは私だけではなく、ツイッターでもみんな呆れて開いた口が塞がらないような書き込みが多かった。

 

 今頃になってマスク配布。しかも感染防止にはほとんど効果のない布製マスクである。それを洗えば何度でも使えると、さも耐久性とお得感をアピールしたのには恐れ入る。一体どう言う発想でこんな事をやろうとしているのか。

 

 対応が何でも後手後手に回っているので、やっている感を演出したかったのか。だとしたらお話にならない。しかも全世帯にマスクを配布する経費だって馬鹿にならない。今真っ先にするべき事は医療援助や検査拡大でマスク配布なんてのはお話にならない。

 

 大体布製マスクなんぞ作ろうと思えば、誰だって作れる。しかも先程も言ったとおり、このマスクは気休めでしかないのだ。それよりも明日にも東京ではベッド数が足らなくなると言われている。大阪のように症状に応じた隔離施設の一日も早い確保が必要なのに検査数同様遅々として進まない。

 

 もう今の内閣では新型コロナ対応は無理ではないかとさえ思えてくる。この上は超党派で危機を共有出来る議員達が集まって本当の緊急対策本部を作り、対応に当たって貰った方が良い。安倍内閣のようなお友達で組閣され、危機意識のない脳天気大臣達にはもう日本の舵取りは無理だ。かつて安倍さんは民主党を「あの悪夢のような民主党政権」と揶揄したが、今まさに国民の命を奪いかねないこの内閣の無責任さはどうだ。

 

 新型コロナ患者は中国や韓国に次いで早かったのに、今や検査数や対応の遅さ、休業補償についても先進国の中でも一番後れを取っている。ひょっとして安倍さんはコロナ問題が片付けば図々しく、我が政権だからこの国難とも言える事態に対応出来たのだと威張って、そのまま総理の椅子に居座りたいのだろうか。もし、そうだとしたらとんでもない間違いだ。安倍さん、今あなたが総理の座に居る事がそもそも国難なんです。

読み散らかし

 まだ沢山読んでない本があるのに、以前読んだ本を読み返す事が良くある。どうしてそんな事をするのか?まあ、また何となく読みたくなったからだろう。一方読みかけの本も沢山有る。多分読みかけになっているのは、一気に読むほどの興味を起こされなかった為であろう。そのまま我慢して読んでれば、案外スーッと読めたかも知れないが。(笑)

 

 コーさんから借りた本なんてまさに食い散らかしたように、途中までの物が多い。だから借りたままになっている。折角コーさんが貸してくれたのに悪いなあとは思うんだけど、どうもつい読みやすい方に行ってしまう。

 

 最近は小説は新聞掲載の物ばかり読んで、ほんの物はほとんど読んでない。一時は「富士に立つ影」「大菩薩峠」など大衆小説と言えどかなりの長編小説を読んだ物だが・・・。うーん、読む体力がなくなったのかも知れん。

 

 まあ、そんな訳で私のベッドサイドには憐れ、読みかけの本が散乱している。私は子供の頃から「落ち着きが無い子」と言われてきたから、読書にもそれが現れているのかも知れない。ま、もうこれは治らないよね、うん。だから読みかけの本は読んだ所を開いて、そのまま伏せた状態になっているのも少なくない。これでは本が傷むのが当然だ。(アホ、開き直るな)

 

 これは以前も書いた事だが、だからコーさんやウーさんは私に余り本を貸したくないと言う。もっと大事にして本を読めとうるさい。だったら貸さなきゃいいのにねえ。オイラだって他人から借りて痛めないように読むのは中々気骨の折れる事なんだから。(アホ、何を言っている)

 

 ハイ、そういう訳で私に本を貸すと読み散らかされた上に、本を傷められますので、皆様どうぞ私に本は貸さないように。オイラだって本くらい買えるんだから、無理に貸して貰わなくていいもーん。(ひねくれてる奴じゃのう)

アルテック(長いし、興味の有る方だけ読んで下せえ)

 オーディオメーカーアルテック・ランシングと言えばオーディオファンの方なら誰一人と知らぬ者ないメーカーだが、残念ながら今は無い。JBLやタンノイなどと一世を風靡したメーカーだが、栄枯盛衰、時の流れは残酷で時代の波に乗れなくて消えていったメーカーは少なくない。アルテックもその一つだろうが、有る時代を作ったのは確かだ。

 

 そして夭折したジャズミュージシャン同様、ある意味永らえなかったから、反ってその存在意義が光っているとも言える。ウェスタン・エレクトリック直系のメーカーとしてどれだけ私達を憧れさせてくれただろう。

 

 私がまだオーディオファン駆け出しの頃は良くアルテックの事を知らなくて、当時全盛を誇っていたJBLの方が身近な存在で、ジャズを聴くならこのメーカーのスピーカーで無くてはならないと思っていたものだ。実際私が最初に手に入れたスピーカーは4311と言う3ウェイのブックシェルフ・スピーカーで小型スタジオ・モニターとして使用されている物だった。パンチの効いた音で溌剌と鳴るそのスピーカーに甚く満足して聴いていた。そしていつかお金が貯まったら大型の物を手に入れたいと心中深く秘していた。

 

 ところがひょんな事から有る方(Sさんということにしておこう)と知り合いになることになり、その方の息子さんの家庭教師を引き受ける事になった。その方が偶然オーディオ好き、ジャズ好きで、いつも息子さんへの授業が終わり、お茶を戴くと、その時出る話は決まってオーディオやジャズの話だった。

 

 そして実際にレコードを鳴らしてくれて何やかやと随分教えて戴いたものだ。その時鳴らしていたスピーカーが604-8Gと言うアルテックのユニットを使用したスピーカーで、箱は自作だった。自作と言えどアルテックの620と言う箱の設計図を元にした物で、オリジナルそっくりの出来映えの物だった。

 

 その箱から聞こえる音は素晴らしいものだった。音の定位がもの凄く良く、音離れが良く、存在感のある音だった。何よりも低域が変にだぶつかず、軽く出て来るのが気に入った。JBLの大型スピーカーのもたっとした重い低音が余り好きで無かったから、すっかりこのスピーカーが好きになってしまった。以来その先の目標はJBLでは無く、アルテックのフロア型スピーカーを手に入れる事になってしまった。(笑)

 

 さあ、そうなると私の悪い癖で、狙いを付けるとどうでも欲しくなる。そして思い切って手に入れる決心をする。雑誌の「売ります・買いますコーナー」でアルテックのA7を買いますと応募したのだ。しかしA7と言えばアルテックの劇場用スピーカーで先の604とは違い、小さな部屋ではどうにもならないスピーカーなのだ。なれどどうせ買うならSさんと同じスピーカーでは意味が無い。どうせならアルテックを代表するスピーカーにしたかったのだ。

 

 しかしと言おうか、当然と言おうかA7は僅か8畳の部屋ではどうにも上手く鳴らなかった。Yさんからもアンプを作って貰い、色々試したが中々上手くは行かなかった。寧ろ友達から買ったジェンセンのM10と言うフィールド・スピーカー一発の方が余程良く鳴ったし、音が良く通るし、存在感があった。そんな訳で以来主役はこのスピーカーと成って、A7は憐れ、そこに有りながら禄に使ってもらえない存在に成っていったのである。

 

 所が運命というのは不思議なもので、中越沖地震で我が家が半壊に遭い、立て直す羽目になった。そこで頭を持ち上げてきたのがオーディオ部屋の事である。普通ならどうせ一人住まいだから、そんなに大きい部屋は要らないとなるところなのだが、いつかA7を大きい部屋で大音量で鳴らしてみたいと思っていた私は思い切ってリビング兼オーディオ・ルームとして20畳以上の部屋を画策した。それも天井の高い部屋をである。

 

 と言うのも以前あるお寺の本堂で聞かせて戴いた音が装置はそれ程たいしたことがないのに、朗々と鳴っていたのを覚えていたからである。ああ、やはり機械よりまず部屋だなとその時痛感したものだ。以来いつか家を建て直す時が来たらと思っていたが、まさかこんな形で立て直す事になろうとは、その時は夢にも思わなかったものだ。

 

 さて新築成った家の広い部屋にA7を持ち込んで鳴らしたら、これがビックリするほど音が良くなっていた。今迄聞いていたスピーカーと同じ物かと思うほど良く鳴るのである。Sさんの家で聞かせて戴いた音に負けないくらい、いやヴォーカルは口が大きくなるからさて置き、その他の器楽演奏はジャズ・スピリットを感じるくらい、上手く鳴るのだ。おお、やはりコイツは捨てなくて良かったわい。名器と言われるスピーカーが上手く鳴らないのは、鳴らし方が悪いのであって、決してそのスピーカーが悪いのではないと言う事が、この時は嫌というほどよく分かった。「もうあんなスピーカー、捨ててしまえよ」と言っていたコーさんもこれには目を見張った。(耳を疑うと言うべきか)

 

 以来改良を重ねてきた我が家のアルテックのスピーカーはかなりの物となったが、どう言う訳か、アルテック製品はスピーカーだけで、アンプは作って戴いた物や他メーカーの物ばかりだった。アルテックのスピーカーならアルテックのアンプで鳴らしてやらなけりゃあなとは思っていたが、そこは懐の具合もあって中々実現しなかったのである。しかしこの度親友のフーさんのお陰でアルテックのアンプを手に入れられる運びとなった。漸く良き相棒を迎えられる事になったのである。

 

 まあ、執念深く夢を追っていれば、いつかは実現すると言う事なのでしょうね。諦めたらそこで終わり。婿入りしてきたら、それはそれで音の調整がまた大変なのだが、それで苦労するのもまたオーディオの楽しみ。どうやらすっかりアルテックの音に魅せられて、もうこのスピーカーと心中ですね。288のフィールド・ドライバーも購入する予定なので、これからこのスピーカーがどう生まれ変わるか、今からワクワクしています。

意外にも・・・

 去年の秋以来ほったらかしにしていた畑へ行ってみた。昨秋引っこ抜いたキクイモの残骸などやその他枯れた草などを摘んでいる所が一杯になっているので、その始末と植えていた大根がどうなっているかを確かめた。

 

 えー、残念ながら大根は植えた時期がちょっと遅かったのと、植えた後、禄に肥料をやらなかったため、憐れ発育不良で有りました。(笑)まあ、それでも折角植えたんだし、勿体ないと言う事で、食べられそうな奴を持って帰って、何本か夕べの食卓に大根おろしにして食べました。

 

 すると、これが案外甘みがあって美味いとですよ。まあ、負け惜しみも半分位入ってるけど(笑)おお、これならもっとおろせば良かったと思いました。また明日の朝食に何本か戴こう。大根は消化にいいしね。まあ、畑へ行ったのが無駄にならなくて良かったわい。

 

 それにしても今年は雪消えが早かったと言うより、全然積もらなかったから、雑草の伸びがいい。お隣の畑をやっている方は几帳面だから、草一本生えてない。それに引き替え、我が畑は雑草だらけで、ひどいもんだね、こりゃあ。(感心してる場合か)

 

 流石にこれは何とかしなければならない。春の植え付けの為に少しは綺麗にしておかないと。と言う訳で明日は畑の雑草取りじゃー。はてさて何時間くらい粘れるか。ま、いいところ1時間くらいかな。(駄目だ、こりゃあ)

花見の季節なんだけど

 東京では桜が満開。お花見に最適な時期だが、新型コロナウィルス禍のせいでお花見禁止とは可哀想だ。我が新潟県も4月に入れば桜は開花するだろうが、同じように人は集まらないように要請が出て、お花見に出かける人は少なくなるだろう。

 

 全く今年は記録的な暖冬だと思ったら、今度は世界的な感染症流行と散々な年になった。早く終息してくれれば良いと思っているが、まだ今年はやっと4分の1が終わらんとするばかり。いつまで辛抱すれば良いか、普通の方は気が遠くなるだろう。

 

 かく言う私も例年なら、そろそろ山菜採りの季節だから、気もそぞろとなるところだが、どうも感染症の事を考えると、余りひょいひょいと出かける気になれない。やっぱり感染症流行が収まり、安心して出かけたいものだ。

 

 さてコロナウィルス肺炎のせいで、我が家の出入り業者も余り頻繁に来なくなった。我が家は人の出入りが激しいので、用心して来ないのかも知れない。(笑)まあ、私もそうなりゃ自分の事が色々出来るので、それはそれで悪い事ではないのだが、案外来ない人は家で暇を持て余しているのかも知れない。

 

 その点私は暇潰しには事欠かない。そろそろ畑も始動させなければならないし、10年以上も休止していた絵を描く事も再開したい。でも本当はやはり春はお花見なんだよねえ。桜の下で宴会したいなあ。ここ何年かはどこかへ桜見物へ出かけていたから尚更だ。しょうがないから今年は我が家の庭の桜でも眺めて我慢するか。侘しいのう。

立ちくらみ

 どうもアタクシ最近立ちくらみがするざあますの。どうしたのかしら。前も時たま有ったのですけれど、こんなに続く事はなかったわよ。そういった時に血圧を測ると、低い事も有るけれど、それほど低い訳でもないのよ。でも何だか一瞬ヨヨとよろめいて、思わずしゃがみ込みたくなるざあますのよ。アタシの体どうなったのかしら?

 

 それにね、体がこう地面の方に引っ張られている感じなの。まさか地面の下から悪霊共が足を引っ張っているんじゃないでしょうね。(分からんぞ。アンタに恨みを抱いて死んでいった者は少なくないんじゃないの?)だから何となく気分がすぐれないの。分かるでしょう。(分からんわい)

 

 ああ、アタクシ、更年期障害かしら? 嫌だわ、まだそんな歳でないのに。(嘘つけ!)コホン・・・。あ、何だか胸が締め付けられるような気が・・・。(新型コロナウィルス肺炎だな)そんな訳でアタクシ心配だから、お医者様の所へ行ってきましたのよ。本当はあと一ヶ月後に行く予定だったんですけど、ちょっと心配になりまして。

 

 そうしたらお医者様は起立性低血圧症?みたいなこと仰って。まあ、要するに脳貧血って事よね。それくらいアタシにも分かるわよ。それで戴いている血圧の薬を半分にして様子を見ましょうって事になったのよ。まあ、大体こう言う診断になるのよね。

 

 それで午後から家でおとなしくしていたら、いつもより立ちくらみはひどくなかったざあますのよ。でも何でこうなったのかしら。アタクシみたいな美人がこんな目に遭うなんて。酷いわよ。神様はアタクシをお見捨てになったのかしら。アタクシ、悲しさの余り、思わず涙がハラリよ。こんなじゃ折角ジョギングが続いているというのに、これでオジャンになってしまうじゃないの。ああ、誰かアタシを慰めて。お願い。

 

 そんな時フーさんから電話が掛かってきたのよ。ああ、持つべき者は友達だわ、やっぱり。またオーディオの話になったけれど、聞けば、フーさんの茨城のお友達が耳が聞こえなくなってきたので、オーディオ一式を手放すと言うお話。それでね、フーさんが買ってやる事になったらしいの。偉いわあ。でもお気の毒ね。音楽がとてもお好きらしいのに、聞けなくなるなんて。

 

 それに比べてアタクシなんかちょっと立ちくらみがしたくらいでイジイジして馬鹿みたい。まだ音楽が聴けるだけ幸せよね。ああ、そう思ったら、何だか気分が晴れ晴れしてきたわ。明日からはちゃんと前を見て歩いて行けるから、みんな安心して頂戴。(だーれもアンタの事なんか心配してねーよ)オホホ、病は気からよね。

 

 え、今日は気持ちの悪いブログだったですって? そりゃそうよ。書いてるアタクシだって気持ち悪いんざあますから。今日は熱におかされてこんなおかしな文体になってしまったのよ。悪かったわね。明日からはまた元に戻るわよ、フン。