すかんぴんのブログ「今日もヒマだぁ~」

暇を持て余して、お山、お絵かき、蕎麦打ち、山菜採り、キノコ採り、音楽鑑賞、オーディオ、パソコンと、あれこれ手を出し、もがいているジジイのページです。

わかってないなあ(長いよ~ん。覚悟して読んでね)

エー、今回はオーディオ・ネタなので、興味のない方は無理して読んで戴かなくて結構ですだ。(ンな事言って、本音は読んで欲しいくせに) 

 

 私と同じ町内に住むSさんは、私と同年齢、凝り性で庭を作らせても、モツ煮を作らせても上手い。(庭造りとモツ煮となんの関係があるんじゃい?)そして工業高校出身だけに電気の知識も金工も木工の腕も有るし、実際何を作らせても上手い。その上マメである。自身が作った物などはしっかり記録をノートに記しておく。絵の趣味もある。

 

 私と彼の共通の趣味にオーディオと音楽鑑賞、それに蕎麦好きと言うのがある。それが縁で互いに行き来する様になったのだが。しかし事、オーディオと音楽鑑賞に関しては彼と私とでは失礼ながらキャリアが違う。私はもうこれを40年以上もやっている。まあ、年数を重ねたから、分かっているというものでは無いが、経験が豊富だと言う事は重要で有る。彼は一時期オーディオも音楽も中断したことが有る。そんな訳でキャリアは短いのだ。しかし、何事も研究熱心な彼だから、オーディオ雑誌や音楽雑誌を読みあさり、自身のオーディオ・コンポやCDなどを揃えてきた。おそらく彼のモダン・ジャズCDは私のLPレコード枚数を遙かに凌ぐだろう、2,200枚だ。それもここ4,5年で急速に増えた。

 

 私が最初に彼の家へ聴きに行った頃は、フルレンジ・スピーカー一発で鳴らしていて、スピーカーはこれに限るみたいな事を言っていた。JBLのスピーカー・ユニット「LE8T」を自作のラウンドバッフルの箱に取り付け、ボリュームを目一杯に上げ、スピーカーかぶりつきで聴いていた。私はこれで良く耳が痛くならない物だなと感心していた。(笑)でも彼にはそれが心地よい音らしく、

 「釣りはフナに始まってフナに終わるって言うからね。オーディオも同じだよ。スピーカーもフルレンジに始まってフルレンジに終わるんだよ」

と分かった様なことを仰る。はて、この御仁はそう言うほど色んなスピーカーの音を聴いてきたのか?と思ったが、本人は気に入っていることだし、別に他人の私がケチをつける必要は無いので、その時は

 「ウン、フルレンジ一発の良さが出ているね」と適当に挨拶していた。

 

 しかし彼の取り巻きというか、オーディオ仲間が問題で、この人達がやたらと彼の出している音に難癖をつけて、いや、批評して(笑)、音が歪んでるだの、低音が全く出て無いだのと仰るのだ。このお二人はH川さんとK藤さん。お互いに順番に各家で定期的に音楽を聴いているとのことだ。

 

  大体オーディオ・マニアほど困った手合いは無い。皆、自分の所の音が一番と思っている類が多い。(笑)どうやらこの3人グループ、皆それぞれ「ウチの音はそんなに悪くない」と思ってる様で、だからお互いの家を訪問してケチをつけ合って喜んでるみたい。(笑)

 

 エー、とばっちりを食うのはこちらで、その度にSさんから「奴らからコレコレ言われた」と私にこぼすのである。私も当初は

 「アンタは自分の音が気に入っているんだろ。だったらそれでいいじゃないか。他人にとやかく言わすな」

と言ってきた。しかしご本人にとっては痛く気になるらしく、遂にスピーカーの改良に及ぶことになる。これが泥沼の始まりである。まあ、これに及ぶに至っては私もちょいと彼の音にケチをつけたウチの一人ではあるので、やや反省してはいるのだが。(ウソつけ!)

 

 で、スピーカーは今使っている3WAYスピーカーになる。当然3WAYだから、以前よりも低音も高音も出てはいるが、相変わらずモヤモヤとした音だ。スピーカーかぶりつきで聴いているから、音がてんでんバラバラになっている。彼はどうもそれをステレオ感と勘違いしている様な所が有る。だから相変わらず例の二人からまたケチをつけられる。(笑)それをまた私に話すから、今度は私も遠慮せずに

 「アンタの音は確かにおかしいよ。でも俺が少しは音がまとまる様に、もう少し後方で聴けと言っても、アンタは音を浴びる様に聴きたいだのなんのって、断固リスニング・ポジションを変えないじゃないか。大体やねえ、(ここは竹村健一調で)アンタ、今の3WAYスピーカーを組むに当たって、あのユニットの選択は無いよ。出発点からして間違ってていて、それを強引に着地点を見いだそうとして、色々構う物だから、益々変な音になってしまうんだよ。本当は作るに当たって周りの者にちょっとは相談すれば良かったのに・・・。まあ、今度Kさんのウチへ行って聴かせてもらおう。あそこは装置はシンプルだけど良い音してるよ。」

 

 と言って昨日は午後からKさん宅を訪問し、色々レコードを聴かせて戴いたが、どうもご本人はレコード内容も音自体も果たして分かったのか、どうも怪しいところがある。これだけ聴いてまだ分かんないようだと、まだまだこれから先、時間が掛かりそうだ。だが私とKさんが、アドヴァイスしたことを素直に聞き入れて、改良に及べばまだ見所はあるんだが、どうもあの男は頑固な所が有るからなあ。(笑)問題なのは『自分の音は悪くない』と頑なに思っていることだ。だったら俺に何だかんだとこぼすなよ。本当はこちらもアンタの所のオーディオ装置なんてどうでもいいんだから。(笑)

 

 ま、彼の音なんぞよりも、果たして彼がオイラたちの忠告を受け入れて、スピーカー改良に及ぶかが余程興味の有る処なんですな、イヒヒ。アー、他人が悩むのを見ているのは面白いチャンチャコリン。(コラッ!)

畑の収穫とキノコ探し

 今は夏野菜の旬。一日おき位に畑へ行っているが、油断すると直ぐに何でも大きくなりすぎてしまう。幸いと言おうか、運悪くと言おうか、黄色ズッキーニが早くも終焉を迎えたので、ズッキーニのジャンボサイズの心配は無くなったが、キュウリは良く探さないと、うっかり見落とすことになり、次回来た時にはジャンボサイズになってしまっている。もう今年は何回も経験した。(笑)

 

 とにかくウチとしては珍しく野菜の出来がいい。キュウリ、ピーマン、ナス、トマトは毎回結構採れるので、食べる方が追いつかない。畑を手伝ってくれているUさんや、家に遊びに来た友達にもやって助けてもらっている。

 

 シーズンが過ぎれば、またお店で買う様になるのだけれど、錚々漬け物ばかり作っている訳にも行かないし、長期保存は難しいので、やっぱり今一緒懸命食べなければならず、嬉しい悲鳴ではある。

 

f:id:wasakoki7778:20190716225440j:plain

今日も結構収穫が有りましたが、キュウリは前回見落としたのがあって

ご覧の様なジャンボサイズが2本有りました。

 

 さてこの所、雨模様なので、気温が余り高くないから、キノコでも出ていないかと、また「キノコの森」を畑の帰りに訪れました。

 

f:id:wasakoki7778:20190716225803j:plain

最初に見つけたのがチチタケ。ご覧の様にちょっと触ったら、激しく

乳液が出始めました。

 

f:id:wasakoki7778:20190716225920j:plain

チチタケを地面に放り捨てたら、柄が取れて、ご覧の様にミルクたっぷり

出ましたよ~ん。

 

f:id:wasakoki7778:20190716230107j:plain

アイタケも有りました。

 

f:id:wasakoki7778:20190716230140j:plain

アカヤマドリも2本見つけたんだけど、ご覧の様に腐りかけていました。

もう少し早く見つけていればなあ。残念。

 

f:id:wasakoki7778:20190716230251j:plain

ナラタケモドキも僅かでは有りますが、有りました。でもこれっぽっち採ってもねえ。(笑)

 

 さてここがキノコが出ていれば、夢の森公園はどうかなと思い、行ってみることにしました。年寄りは暇は幾らでも有るから、暇潰しになれば、それでいいんです。(笑)

 

f:id:wasakoki7778:20190716230422j:plain

直ぐに見つけたのがこれ。シロオニタケの幼菌かな?

 

f:id:wasakoki7778:20190716231348j:plain

これもナラタケみたいなんだけど、地面から生えているので、不思議に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、地面にはウッドチップが撒かれているので、そこから生えたのでしょう。

 

f:id:wasakoki7778:20190716231530j:plain

テングダケモドキの幼菌かな?

 

f:id:wasakoki7778:20190716231623j:plain

まあ、このキノコもその親戚かなんかでしょう。(いい加減!)

 

f:id:wasakoki7778:20190716231729j:plain

このキノコは?

f:id:wasakoki7778:20190716231802j:plain

裏はこんなです。キアミアシイグチかなあ? 管孔に触って色が変わるかどうか確かめれば良かった。

 

f:id:wasakoki7778:20190716232416j:plain

これはまた特大のキノコですなあ。イグチ類って放っておくと結構大きくなるんだよね。

 

f:id:wasakoki7778:20190716232523j:plain

裏はこんなです。柄の模様を良く見なかったので、同定は難しいけど、イロガワリの仲間かなあ?

 

f:id:wasakoki7778:20190716232937j:plain

道沿いにヤマユリの花が咲いていました。綺麗ですね。

 

f:id:wasakoki7778:20190716233022j:plain

オホー、ここは沢山咲いてるベ。

 

 と言う訳で食用キノコが沢山採れた訳では無かったけれど、以前はちっとも出ていなかったオキノコ様に出会えてちょっぴり満足しました。

やられたー

 えー、なし崩し的に何故か復活している当ブログですが、休筆宣言は嘘だったのかという指摘がございます。あー、嘘ではありませんが、気が向いたら書くとも言ってますので、必ずしも書かない訳ではない。うー、要は書くパワーが充電されれば、復活は決して悪い訳では無いと言うことで有ります。(大平首相みたいな答弁をしおってからに)

 

 さて夏野菜は今が旬。いつもの様に畑へ水やりに行くついでに収穫する訳で有りますが、順調に採れていた野菜も少し下火です。それでも今日も収穫有りで、ルンルン気分で水をやっておりました。

 

 トウモロコシの植えてある畝にやって来ると、何故か1本トウモロコシが倒れています。おっかしいなあ? 夕べは風が吹いた訳じゃ有るまいし、なんで倒れたんだろう。で、ふとその先を見ますと、何とトウモロコシがごっそり倒れています。ありゃあ、これはどうしたこと? ここだけ風が吹いたか? まさかね。それとも支えの囲いをしなかったので、背が高くなって自然に倒れたか? だが、ぜ~んぜん倒れていないのもあるから、どうにも腑に落ちない。

 

 しかし良く見ると、漸く原因が分かった。トウモロコシのかじられたのが、あちこちに散乱していたので、動物にやられたのだ。カラスかとも思ったが、カラスはとてもトウモロコシを引き倒すほどの力はあるまい。おそらく被害状況からタヌ公一味がやったものと思われる。多分家族総出でお出ましになったのかも。

 

 それにしても忌々しいタヌ公共だ。もうちょっとで完熟するところだったのに、かじって行くとは。大体今年はウチのトウモロコシは出来が良く、他人様の畑の物と比べても背丈は高く、茎も太く、順調に育っていたのだ。それを収穫間近だったのに強奪するとは太え奴らだ。

 

 まあ敵さんも生活が掛かっているから必死なのだろう。子供に飢えさせることは出来んからなあ。(何を暢気なことを言っている)大体こちらにも油断があった。と言うのもウチの畑はもう開墾してから6年にはなると思うが、今迄動物にはやられたことが無かったのである。周囲でよくカラスやタヌキの被害を聞くが、ウチの畑はそんなことも無く安心しきっていたのである。現に昨年も僅かながらトウモロコシを植えたが、なんの被害も無かった。

 

 んで、また家族総出で来られたら困るので、倒されぬ様、一応竹で囲ってきたが、どのくらい効果があるか? 

 「お母ちゃん、ひもじいよう」

と子狸が訴えればカーチャン狸も必死こいて、トウモロコシを引きずり倒すかも知れない。とにかく一度道をつけたのだから、簡単には諦めまい。それにまだ完熟には至ってなかったので、タヌ公共にとっても美味くなかったかも知れぬ。日を改めて美味しくなるのを見計らってやって来るかも知れない。

 

 折角良く出来ていたトウモロコシではあるが、今年は半ば諦めている。でもちょっとくらい人間様にも味見をさせておくれ。さて、この先どうなることやら・・・・。

 

f:id:wasakoki7778:20190711220855j:plain

ウェーン、折角育てたのに、チャチャメチャだよ~ん。(涙)

じゃあね

お邪魔しますぅ。(南州太郎の声と思って下さい。)え、分かる人しか分からない? そりゃあどうも。何せ古い人間なもんで。

 

 えー、オークションに掛けていた〇桐さんのスピーカー・ユニットが売れたので、午後から〇桐さんを呼んで梱包を手伝って貰って発送した。で、午後3時半頃には〇桐さんが帰ったので、パソコンで調べ物をしていた。と、その時。「ジャッジャジャーン!」の声と共に登場したのが閑人のKさんだ。

 

 この男、行く所がなくなると、大抵ウチにやって来る。この男の行動範囲はYさんちと私んちと自宅を結ぶ範囲だ。彼にとってはこれが「黄金の三角地帯」なのかも知れないが、あのね、少しは範囲を広げてチョ。

 

 まあ、私相手だと話しやすいのかも知れないので、来るのだろうが、来ると話し好きなものだから、1時間や2時間では終わらない。今日も3時半頃やって来て、話し込み、我が家の時計が7時を打つと、

 「おお、もう7時か。じゃあ、帰るわ。」

と言ってまた20分ほど話し込む。この「じゃあ」が曲者なのだ。外へ出たので、見送りに出ると、再び話し始める。これが毎度長い。今日も例外なくだ。まあ、今は夏だから寒くはないが、これが真冬だったら凍え死ぬぜ、全く。

 

 今日は凍え死ぬ代わりにしこたま蚊に食われた。あー、痒い。全く「ジャー」か「ポット」か知らんが、じゃあねと言ったら、速やかに帰ってくれんか。結局最初に「じゃあ」と言ってから1時間近くが経過していた。今度からこいつの事は「Mr.Jar」と呼ぶことにしよう。(笑)異論は無いよね、Kさん。

自分の事となると・・・

エー、またお邪魔しますぅ。(アー、また書いてるぅ。休筆宣言した癖にぃ~)ウッセー、一日休んだって休筆なんだ。文句あっか!

 

 アー、お見苦しい所をお見せしてしまってすんません。えーと、なんの話をしようと思ったんだっけか? あ、そうそう、ゴロゴロに掛かって、一眠りした後、買い物に行こうかなと思っていたら、Mさんがメロンとスイカを手土産に遊びに来たんで、ゴロゴロに掛かるのを中断してお相手した。手土産を見せられたんではぞんざいに扱えませんがな、アアタ。アイスコーヒーやら、メロンを出してご機嫌取りをする。(イヤラシイやつだな、物を貰うと直ぐこうなるんだから)まあ、その甲斐あってか、M氏は上機嫌。少しばかり歓談した後、M氏は帰られた。(手土産を戴くと敬語になるのね――うっさいちゅーに!)

 

 その後またゴロゴロのやり直しをしようとしたら、

 「オーイ、いるかー?」

ゲッ、またウルサイのが来た。よくよく今日はゴロゴロに掛かれない日だな。ゴロゴロから起き上がって出てみると、汗をビッショリかいたKさんが立っていた。訊くと自転車で来たらしい。何でまた? 日頃歩いてでも行ける距離でも車を使うくせに、自転車で来るとは、どう言う風の吹き回しじゃ?

 

 何でも教員を辞めて講師となってからは、週2回の勤務なので、家でゴロゴロばかりしていたら太ったとのこと。そこで減量するためになるべく車を使うのを止め、自転車にしたとの事。昨日ホームセンターで買ったばかりのピッカピカの自転車でお出ましになった。

 

 「ふう~ん、君は日頃ボクちゃんがランニングなんかすると、そんな体に悪いことは止めろだの、ボクちゃんが血糖値が高いことを知りながら、きんつばなんか買ってきて、我慢なんかしたってしょうがない、これくらいなら全然大丈夫だから食べろみたいなことを言ってたくせに、自分の事となると、気になるんじゃのう。」

 「イヤ、俺は健康のために減量するんじゃない。ただ喧嘩した時なんか、太っててハイキックとかが出来なくなると困るから、ちょっと痩せて、ついでに筋力も付けようと思っとるだけじゃい。」

だからー、運動して筋力を付けるって、健康の一端じゃないの。何を言っている。全くこの男は他人のことは散々おちょくっておいて、自分の事となると、必死に予防線を張るんだから。いい加減な奴っちゃ。

 

 んでKさんは大の甘党のくせに私が出した冷えたぜんざいみたいなお菓子には一切手を付けず、アイスコーヒーだけを飲んでいた。ふふふ、どうせ、君のそんな努力なぞ三日坊主で終わってしまうがな。何せ、アンタもオイラと同じノメシコキ。続く筈ないも~ん。さていつまで続くか見物ですな~。(笑)

 

 

諦めていたのに・・・

 畑へ行った帰りに無駄とは知りつつ「キノコの森」へ行ってみた。予想通りキノコなんて影も形も無い。そりゃあそうだろう。梅雨入りして最初の頃は少し雨が降ったが、ここへ来て大して降らなくなった。そして気温が高い。こんな環境下でキノコが出る訳が無い。

 

 やっぱりねーと思いながら歩いていると、先行していたUさんが「うひゃー」と素っ頓狂な声を上げる。蛇だった。全く蛇が嫌いな人ほどよく蛇を見つける。そんな声を出して、蛇の方がよっぽど驚いただろうに。するとまたUさんが「あー、あれは?」。また蛇でも見つけたのかと思いきや、何とアカヤマドリ様だった。

 

f:id:wasakoki7778:20190707222958j:plain

おお、たった1本出ていましたよ、アカヤマドリ様。

 それもたった1本。しかもまだ若い。うー、諦めていたのに、まさか出ていようとは思わなんだぜい。こうなると欲が出る。まだ無いかとあちこちキョロキョロと見回すのだが、柳の下にそんなに泥鰌がいる訳がない。そりゃあ、そうだろう。毒キノコさえ見つからないのに食用キノコが出てる筈がない。この1本でも奇跡的だ。

 

 折角取った貴重な1本は夕食のおかずとなりました。この夏採ったキノコとしては笹が峰で採ったサケツバタケに次ぐ第2弾となりました。このまま順調に出てくれればいいのだが・・・。

車がねーどー

えー、休筆する前にイタチの最後っ屁ではないけれど、もう1編。(エー、止めたんじゃなかったの? まだ書くの? アンタも往生際悪いわねえ)

先日中学校の同期会開催幹事メンバーのM君と市の産業文化会館の会場をチェックしに行った折のこと。

 

 M君:「あのさー、産分へ一緒に行ってくんねえかな?迎えに行くからさあ。」

 私:「あー、まあ今は暇だからいいよ。」

   「そんじゃさあ、今ドン・キ・ホーテで買い物してるから、それが終わったら、行くから。」

   「はいよ。」

 

 だが30分経ってもM君はやって来ない。おかしいなあ。ドン・キからは10分も有れば十分なはずだが・・・・・と、そこへM君から電話。

 「あのさー、悪いんだけど、今、駐車場へ出たら車が見つからねえんだよ。でさ、散々探しても見つからないもんだから、よっく考えてみたら、俺さ、屋上の駐車場に駐めたんだよな。だからそれに気付くのに手間取って、今こんな時間だろ? お昼食べてから産分に行くことにしないか。」

 

 道理でいつまで経っても来ない訳だ。しかし、自分が車を駐めた所を覚えていないって、ひょっとしてコイツ、認ちゃん(認知症)になりかかってないか? まあ、良心的に考えて以前駐めた所の記憶がごっちゃになって間違えてしまったんだろうとは解釈出来るが、それにしてもである。

 

 だがそうそう他人を揶揄していられない。実は私にも似た様な経験があるからだ。それは今を去ること数年前、茨城県のFさんの所へ行く途中、太田強戸PAにトイレに入りに立ち寄った時のことだ。用を済ませて駐車場の所へ来てみたが、私の車が無い。

 

 あら、これはどう言うこと? まさか盗まれる訳ないよなあ。鍵はちゃんと持っているんだし。ちゃんとロックもしたはずだし。だがいくら懸命に探しても私の車は無い。その時だ。建物の向こう側にも駐車場が有ることに気がついたのは。

 

 何と私は入った時と出た時の駐車場を取り違えていたのだ。道理でいくら探しても見つからない訳だ。まあ、いくら何でもオイラのボロ車が盗まれる訳は無いよなと、その時は一笑に付したが、今、考えてみると、私もその時既に認ちゃんのお仲間に入ったのかも知れぬ。他人のことは言えないよなあ。(笑)