すかんぴんのブログ「今日もヒマだぁ~」

暇を持て余して、お山、お絵かき、蕎麦打ち、山菜採り、キノコ採り、音楽鑑賞、オーディオ、パソコンと、あれこれ手を出し、もがいているジジイのページです。

日本人力士贔屓が過ぎるんじゃない?

 今日の大相撲、栃ノ心―朝の山戦をみてその判定にはらわたが煮えくりかえる思いだった。明らかに栃ノ心が勝っていたのに、物言いを付け、いや物言いを付けたのはまだ確認の意味も有るから許せるが、ビデオを参考にしていながら長々の協議。しかも栃ノ心の出たとされる踵跡は確認もせず、延々と協議を続けた。一体何を協議したのか、観客には大した説明もせずに、強引に朝の山の勝ちにした。ネットの書き込みは当然相撲協会に対して非難囂々で有る。

 

 大関復帰に向け、また優勝のチャンスが残る栃ノ心にとっては大事な一番。朝の山にとっても同じく優勝がかかる一番だ。それなのにこんな判定で勝敗を覆されたのでは勝ち星を拾った朝の山にとっても気分のいい物ではないはずだ。

 

 ビデオを判定の際に導入したのは誤審を無くすためではなかったのか? それがこんなに協議に時間が掛かったのは、勝負は明らかに栃ノ心が勝っていたのに、どうしても勝たせたくない審判がいて、強引にそれを押し通した疑いが濃い。特に阿武松親方。本来審判長なら、こんなに揉めるのなら、さっさと取り直しの提案をしただろう。それがそうならなかったのは、どうしても日本人力士に優勝させたい心理が働いたからだろう。これはあまりにもひどい。もしそうでなければ、ネットでこれだけ問題になっているのだから、相撲協会は朝の山が勝っているという証拠を示すべきだろう。(まあ、そんな事は間違ってもすまい)

 

 阿武松親方と言えば前日の朝の山―佐田の海戦の物言いの後の判定説明でちんぷんかんぷんな説明をしていた親方だ。こんなに説明下手な親方を審判長にするのはどう見ても人選ミスだ。行事には差し違えをすると、進退伺いを出せと厳しく咎めるくせに、審判部にはこんな誤審や説明間違いをしても何のお咎めも無いのか? お手盛りもいい所だ。

 

 もう協会の日本人力士贔屓にはうんざりだ。白鵬のやる事には何でもかんでもいちゃもんを付け、自らの失敗には頬被りする。稀勢の里大関横綱昇進時には規定を破ってでも昇進させ、長期休場しても引退勧告は中々出さない。そのくせ鶴竜などの休場が長引けば、すぐに結果を求める。そんなに日本人力士が大事なら、もう外国人力士は今後一切入門させなければ良いではないか。それがそう出来ないのはもう相撲が国際化して、日本だけのもので無くなってきているからだ。しかしそもそも日本人力士のなり手が少なくなったから、外国人力士を導入したのだろう。最初の関取が高見山だ。そして現在は幕内力士のかなりの数が外国人力士だ。言わば今日の相撲協会の隆盛を支えているのは彼等と言って過言では無い。

 

 それなのに相変わらずの日本人力士贔屓。横綱審議委員会にもその傾向が見受けられる。酷い依怙贔屓だ。残念ながらマスコミにもその傾向がある。明日の新聞で「世紀の大誤審ではないか」などと書くようであれば、まだマスコミにも些かの良心が残っていると思えるが、そうでなければ、相撲協会に忖度してるとしか思えない。まあ、最低でも相撲協会から何らかの説明を受けて、それを公表する義務があるだろう。貴乃花親方の問題でゴタゴタし、またこんな事をやっているようでは、もうファンは相撲から離れるよ、ホントに。60年も相撲ファンをやっている私も流石に相撲協会には愛想が尽きた。

 

 こんな事をやっていれば外国人視聴者も呆れかえるだろう。故国を離れ、一所懸命相撲をやっていても、日本人力士には有利な判定をされると思うに違いない。この相撲協会の体質を変えるには世論が一番なのだが、その前に自浄作用を発揮することを協会には望みたい。

報・連・相

 中学校の同期会の総幹事を勤めるM君は毎日私にラインでメールをよこす。日々届く出欠の回答の結果を報告するためだ。私としては最終の結果が分かれば良いので、別に毎日報告して貰わなくても良いのだが、彼は律儀にも毎日よこす。

 

 欠席数の方が出席数より多い日は憂慮し、その逆は大いに希望が持てるような事が書いてある。まあ、あまり一喜一憂してもしょうがないんだけどなあ。(笑)そして未だにまだ消息が知れない者は一所懸命行方を追っている。その熱心さには恐れ入る。その点私なんかちゃらんぽらんだから、実家がこちらに無く、連絡手段がないものは速やかに諦める事にしている。

 

 まあ、そう言う方は風の便りにでもこの同期会の噂を聞いて連絡して貰うしかしょうがあんめえ。で、M君は探す手段をあれこれ私に相談したり、あまり少なかったり、また多かったらどうしようかと気を揉んでるみたいだが、結果がまだ出ないうちから、気を揉んだとてこれまたしょうがない。

 

 でも色々連絡相談するのは結構な事だ、「報告・連絡・相談」は仕事をやる上の基本だからね。ところでM君は他のクラスの幹事にも報告してるのかな?今後の展開のためにも他の幹事への連絡も怠らないで欲しい所。

 

 さて出欠回答も6月末が期限。果たして何人集まる事やら。願わくば参加者で消息不明の方の所在を知っていたら、連絡して参加を促して貰いたいものだ。

甥っ子の土産

 整体師をしながら母親の仕事を手伝っていた甥だが、故有って勤める事になった。さて色々職場を変えたが、どうやらやっと今の職場が合ったと見えて、今度は長続きしているようだ。

 

 私が言うのも何だが、甥は真面目な性格だし、ズルをするような子ではないので、職場さえ自分に合えば、しっかり働けるだろうとは思っていた。ただ運送会社なので、車が相手の仕事だから、事故だけが心配だ。そしてどうしても長距離運転が多くなるだろうから、腰を痛めやしないかと気が揉める。私自身も腰で苦労しているから。(笑)

 

 だがまあ、そう心配ばかりもしていられまい。私や姉はいずれは亡くなる者。ちゃんと一人でも生きて行ける力を身につけて貰わねば。その彼が東京へ仕事に行った折にでも買ったのだろうか、私に土産をくれた。まあ大した物ではないが、その気持ちが嬉しかった。彼もそんな気遣いが出来る年頃になったかと思い、姉に

 「U太も30歳になったかい?」

と訊いた所、もうとっくに30歳なんてなっていて、今は35歳との事。

ありゃあ、そうだったのかい。いつのまにそんなになったのだろう。全く他人様の(親戚なんだけど)子は成長するのが早いねえ。(笑)

 

 仕事が休みの土曜日は相変わらず整体師として姉の店を手伝っている。こんなにいい子なんだから、嫁さんの来手はいないかねえ? あ、いや、これは叔父のひいき目かも知らないけど、ホントにそうなんだから。まあ、私のように独り身のまんまじゃ困るしねえ。私を反面教師にして頂戴、甥っ子殿。(笑)

自分の趣味と子供の趣味と

 親にとっては自分の趣味を子供が受け継いでくれたら、これは有りがたい事ではないかと思う。かりにそれが自分ほど極めていなくてもだ。私の場合、オヤジ殿の趣味は将棋であった。私はこれを中学生になるまで満足に習得していなかった。覚えたのはオヤジ殿が教えてくれたのではなく、友人のK君からやらないかと誘われたからである。それが無かったら多分私はオヤジ殿の趣味を継ぐ事はなかっただろう。

 

 だが継いだには継いだが、私の将棋の腕前はとてもオヤジ殿には遙かに及ばなかった。一時期熱中はしたものの、仕事が忙しくなるとやっていられなくなった。将棋というのは相手を必要とする物だから、こちらの空き時間と相手の空き時間が一致しなければ駄目なのである。そんな訳で勢い私の趣味は一人でやれる物となった。

 

 それが音楽鑑賞だが、結局今持って続いている所を見ると、肌に合ったのだろう。しかしこの趣味とても私が自然と嵌まったのではなく、音楽好きの兄の影響があった事は明らかだ。してみると私はオヤジ殿と兄の趣味を受け継いだ事になる。おお、何て俺は親孝行且つ兄弟思いの息子なんだろう。(自画自賛するな!)

 

 しかし、私のこのオーディオ、音楽趣味を引き継いでくれる奴はいそうもない。私は結婚してないから当然子供はいないから、それは無理だが、甥っ子や姪っ子にもその趣味はない。大体今の子供は趣味に嵌まると言うことが少ないように思える、我々と違って満ち足りた子供時代を過ごしているから、ハングリーになる事がないせいか?

 

 そうなると今迄集めたレコードや投資したオーディオ機器の始末をどうするかが悩ましい。これとても後数年もしたら終活に入らなければならないのかも知れないが、物の無い時代に育ったオジサン達としてはあっさりと処分出来ないのである。うーん、突然甥っ子や姪っ子がオーディオに目覚めてくれればいいんだけど、そうこちらの都合に良いようには行かないわな。多分私の死後は彼等の小遣いになるような気が・・・・。トホホ。

プチコーヒーセミナー

 柏崎市が企画する「街ゼミ」と称して、街のお店屋さんが色んな講座をしてくれるが、私とHさんはそのうちの「プチコーヒーセミナー」に参加することにした。

 

 講座をやってくれるのは市内桜木町の「confine」というお店。最近出来たお店らしく私も今迄気付かなかった。尤も私はコーヒーは家や友達の所で飲む事ばかりで、滅多に喫茶店に入らないので無理もないが。(笑)

 

 私もHさんも大のコーヒー党。少しでもコーヒーを美味く戴く方法があれば、それは知りたくなるのが人情。会場のお店には募集定員の10名ほどが集まりました。最初にマスターが色んなコーヒー豆をブレンドした物や、そうでないものなど、5種類ほどを揃えて、それぞれの粉の香りを嗅ぎます。次にお湯を注ぎ、再び香りを楽しみます。最後にそれを味わい、それぞれの違い、特徴などを確かめます。

 

 私は焙煎機が故障して以来飲んでないエチオピアが、普通の喫茶店ではあまり出ないので、興味があり、また美味しく戴けました。その後は美味しい入れ方、アイス・コーヒーの作り方など大いに参考になりました。

焙煎機が故障して以来、美味しいコーヒーをあまり飲んでなかったので、講座修了後はお店に残り、Hさんとコーヒーを飲んで帰りました。う~ん、やっぱり焙煎機をまた買おうかなあ。美味しいコーヒーをまた自宅で飲みたくなっちゃった。

 

f:id:wasakoki7778:20190520223852j:plain

最初は銘々がそれぞれのコーヒーの粉の香りを嗅ぎ分けます。

 

f:id:wasakoki7778:20190520224003j:plain

今度は美味しい入れ方の実技編。お湯の温度は85度~90度くらいが良いそうで。

 

f:id:wasakoki7778:20190520224151j:plain

講座修了後は店に残ってHさんがカフェ・ラテ。

 

f:id:wasakoki7778:20190520224247j:plain

私はエチオピア豆のアイス・コーヒーを戴きました。美味しかったですよお。

 

榛名富士登山

 月に1回くらいはお山に行きたいというMさん。ただそんなに難儀しないで登れるお山が良いという贅沢な事を言っているのが困りものだが・・・。そんなMさんが今回もプロデュースしたのが榛名山塊の榛名富士だ。日馬富士ではござらぬよ、念のため。(分っとるわい、そんなこと)

 

 榛名富士はロープウェイでも登れるが、いつもそんな登り方をしていては癖になるし、山登りにならない。それに歩いて登っても高々4,50分で登れる山だ。これくらい自力で登らなくちゃあね。

 

 朝7時に出発して現地には9時半に着いた。支度をして歩き出したのが10時。見るからに急そうな山だが、道がジグザグに付けられているのでそれ程ではない。ただ近年あまり整備はされてないようだ。恐らく観光化されていて皆ロープウェイを利用するからだろう。

 

 今日は時間がたっぷり有るので、途中で休憩を取りながら、ゆっくりと登った。何せロートルメンバーなので、やれ膝が痛いだの、腰が痛いだの、あれこれ予防線ばかり張っているので、ゆっくり進まざるを得ない。

 

 

f:id:wasakoki7778:20190519094253j:plain

登山口のある榛名湖に着きました。良い天気だと思ったら、空はドヨ~ンでした。(涙)

 

f:id:wasakoki7778:20190519094259j:plain

自転車のヒルクライムの競技会をやってるようで、多くのレーサー達が来ていました。

 

f:id:wasakoki7778:20190519094304j:plain

これから登る榛名富士。頂上のロープウェイ駅が見えます。

 

f:id:wasakoki7778:20190519095309j:plain

榛名山は単独のお山ではなく、多くの山が集まっている山塊です。前回はそのうちの相馬山に登りました。

 

f:id:wasakoki7778:20190519095549j:plain

出発です。新緑が目に優しい。

 

f:id:wasakoki7778:20190519102316j:plain

笹藪と落葉松などの樹林の間の道を行きます。

 

f:id:wasakoki7778:20190519103127j:plain

木々の間から榛名湖とその周辺の山々が見えます。

 

f:id:wasakoki7778:20190519105453j:plain

頂上駅に着きました。所要時間1時間也。

 

f:id:wasakoki7778:20190519105554j:plain

頂上駅の標高は1,366m。風が吹いていて少々肌寒いくらいです。榛名湖の気温が16度くらいだったから、ここは14度くらい? いや風が吹いてるから体感温度は13度くらいか。ロープウェイでやって来る人も寒そうでした。

 

f:id:wasakoki7778:20190519110417j:plain

榛名富士の頂上はこの鳥居を潜ったもう少し先にあります。

 

f:id:wasakoki7778:20190519110727j:plain

頂上に到着しました。前回登った相馬山が向かいに見えます。その左隣は双つ岳。

 

f:id:wasakoki7778:20190519111230j:plain

山頂のお社はただ今お色直し中。頂上からの眺望は雲と霞んでいるのとで、あまり良くありませんでした。残念。

 

f:id:wasakoki7778:20190519111758j:plain

お昼頃になり、大勢の観光客が登ってきました。

 

f:id:wasakoki7778:20190519112029j:plain

ロープウェイと眼下の榛名湖を臨む。

 

f:id:wasakoki7778:20190519112039j:plain

東屋も設置されています。

 

f:id:wasakoki7778:20190519112058j:plain

うんわー、凄い自転車の数。ただ今競技会真っ最中。

 

f:id:wasakoki7778:20190519120412j:plain

絵馬も沢山掛けられていました。榛名富士神社の霊験あらたか?

 

 山頂駅の東屋近くのテーブルでお昼を食べ、下山に向かいました。下りた頃は自転車の競技会も終了していたようです。榛名湖温泉のゆうすげの湯で汗を流し、帰路につきました。Mさんは前夜飲み会が有って、二日酔い気味だったので、今回の登山は少し応えたようで、車の中では眠ってばかりでした。コラー、寝るな。運転全然交代してもらえんじゃないか。私にとっては山登りより運転の方が疲れた今回の山行でした。

 

f:id:wasakoki7778:20190519141915j:plain

湖から突きだしているような榛名富士。絵になるなあ。

やっと要領が・・・

 Kさんのご要望にお応えして、今日は久し振りに蕎麦を打った。蕎麦つゆから天麩羅までちゃんと自分で作って、本日は本格的ですよ。メンバーは私とUさんとKさんの3名だが、6人前打つ。まあ多分Kさん一人で3人前は行けるだろう。韃靼そばが少しあまっていたので、それを2割ほど入れて打った。

 

 今回はなるべく早めに手際よく打つ事を心がけた。結構スピードアップしたし、時間を掛けるべき所、そうでない所、丸出し、角出しをどの程度までやるか、要領が分かったような気がする。7年も打っていてやっと気付くのだから、我流というのは進歩しませんな。まあ、大体私は何でも奥手だし、上達するのは時間が掛かるのです。(奥手じゃなく不器用なんだろ)

 

 韃靼そばを入れたため、味は常陸秋蕎麦100%よりも幾分か落ちた。でも麺の色が濃くなるし、つながりは良いし、見た目だけは良い。(笑)だが、韃靼そばの割合が多いと少し腹にもたれるようだ。この辺の兼ね合いが難しい。まあ、今日は比較的出来は良かったと言うべきだろう。

 

 近くにあった美味い蕎麦を食べさせるお店が止めた事から始めた蕎麦打ちだが、漸く何とかまともな蕎麦が打てるようになった。あと何年蕎麦を打てるか分からないけど、趣味と実益を兼ねてるから、当分は大丈夫でしょう。来年の冬は温かいきのこ蕎麦に挑戦してみたいが、果たしてどうなるか? まあキノコの採れ次第ですな、アハハ。