すかんぴんのブログ「今日もヒマだぁ~」

暇を持て余して、お山、お絵かき、蕎麦打ち、山菜採り、キノコ採り、音楽鑑賞、オーディオ、パソコンと、あれこれ手を出し、もがいているジジイのページです。

最後の悪あがき

 今日は一昨日の嵐とは打って変わっていいお天気。もう今年のヒラタケやナメコはこの間の視察で諦めていたのだが、こんなにお天気がいいとひょっとしたらの気持ちが湧いてくる。そこで昨年出た木にだけ的を絞って行ってみた。本当は今日は冬囲いをやる予定なのだが、また明日は雨なのでこのチャンスを逃したくない。

 

 まず最初にナメコが出た木に行ってみたが、やはり駄目。次いでヒラタケが出た木もやはり駄目。う~ん、流石に悪運尽きたかと思ったその時、昨年キクラゲとヒラタケを採った木に僅かに出ているのが遠目に見えた。

 

 おお、有難や。最後の最後に来て僅かばかりでもヒラタケ様が採れましたよ。この寒さだから虫の卵なんぞは付いちゃいません。綺麗なものです。うふふ、来て良かったあ。さあ、これで心置きなく冬囲いに取りかかれるってもんですよ。最後の悪あがき大成功とまでは行かない程の収穫だったが、贅沢言っちゃいけません。諦めていたヒラタケが採れたんですから。ハイ、私は身の程を弁えていますですよ。(ホントかよ)

 

 エー、そういう訳でただ今我が家の冷凍庫は冷凍食品を初めとして筍、キノコ、菊芋加工品などで満杯状態です。冬の間にしっかり消費して行かなければ、新たに他のものを入れられません。でもカロリーオーバーにならないようにボチボチと消費するつもりです。ではまた。

 

遂にGetです。でも今年は不猟だったなあ。

f:id:wasakoki7778:20211203104648j:plain

 

旨い物を食べる忘年会

 当初予定していた富山県氷見市への旅行券食べ歩きが変じて長岡市寺泊のホテルで泊まって美味しい物を食べる忘年会に変じた事は既にお伝えしたが、何故こうなったかと言うと11月6日付の新潟日報に「長岡市内宿泊応援キャンペーン」なる広告が載ったからだ。それによると一人当たり宿泊料金(税込み)が半額割引(上限8,000円)になるらしい。尤もこれは新潟県内に済む人だけへの特別キャンペーンだが。おお、これは利用しない手は無いとマーさんと相談した結果直ぐにまとまる。 

 

 無論氷見の観光も捨てがたいが、こちらは普段食べられないような旨い物が食べられるし、高速代、燃料代を考えるといくら安い民宿に泊まってもその差は歴然である。しかも泊まるホテルは料理でも定評のある「海風亭 日本海」だ。ちょっと当初に予定していた11月中旬とは時期が異なるが、何、構う事はない。忘年会を兼ねる事にしてしまえば全く問題ない。どうせ参加者はお散歩クラブの面々だけなのだから。

 

 さて当日出発する頃は大荒れの天気で、車が海岸道路へ出ると猛烈な雨風が真横から襲ってくる。どひゃ~、凄い天気だよ~ん。こんな時に出掛けて行くんだからオイラ達も物好きだよねえ。でも行かないと何も食べないでキャンセル料だけ取られるのも癪に障るからねえ。(笑) もう海は高波で凄い。雨に混じって海水も飛んでくる。エーン、車が錆びるよ~。

 

 漸くホテルに着いて車を降りると目の前を牡丹雪みたいな白いものが盛大に飛んでいる。何だろうと思ってよく見たら「波の花」だった。気温が低下し、強風で波があおられると泡になった波が飛ぶ現象だ。まさかここで見られるとは思わなかった。強風故に見る事が出来たのだから、運が悪い日とあながち決めつけられなくなった。(笑)

 

 チェックインし夕食まで迄時間が有るので、まずはお風呂。ゆっくり風呂に浸かったり、サウナに入ったりして時間を潰す。エー、すかんぴんはこの日のために今日はお昼は饅頭1個で済ませてきたのでありますよ。いくら料理を出されてもずぇったい残すような事はしませんから。(笑)

 

 で、6時半からいよいよ夕食。適当に各自お酒も頼んで忘年会開始です。さー食べるぞ。料理は全部で12品目。皆それぞれ量は多くないんだけど、どれもこれも美味しい。なかでも生タラバガニと鮑を上手く焼いたものは絶品でした。いや~、こんな美味しい物を食べれば寿命が5年は延びますな。(笑)

 

 館内はコロナ禍とあってそこら中にアルコール消毒液が置いてあったし、翌朝の朝食はバイキング形式ではなく、他のお客様とテーブルを離し、感染対策にも十分配慮がなされていた、恐らくホテル側はお客様の人数制限を守りながら営業しているのであろう。それでも何とか頑張って我々お客に精一杯のサービスに努めてくれるのには頭が下がる。その接客ぶりにキャンペーンなんか無くとも今度また利用したいと思ったもので有る。

 

 とにかく料理が美味しかったので大満足の忘年会でした。人間旨い物を食っていれば、自然と笑顔になり、元気が出て来る物です。お散歩クラブも大分足腰が弱ってきたから、今度は「旨い物食べ歩きクラブ」と改称しようかしら。(笑)

 

 

新しい家族

 昨日ミーさんが電話をしてきてウィッチ・ハウンドさんと一緒に明日遊びに行って良いかとの事。エー、別に断る理由も無いので午後からならという条件でOKしときました。

 

 で、予定より用事が早く終わったので我が家には1時半に到着。早速オートグラフ、エレクトロボイスSP15Bと聴いて貰う。さてお二人の好きなクラシックは散々かけたのでアルテックでジャズを聴く事になった。しかしだ。ここでトラブル発生。なんとまた右チャンネルのドライバーが鳴らない。

 

 何度も挿してある真空管をグリグリするが中々接触不良は直らない。しょうがないから左チャンネルの音だけで聴いて貰う。どうせモノラルだから片方さえ出ればいいんだけどね。でも弱った。ステレオレコードがこれではかけられない。ウィッチ・ハウンドさんは

「私が来るといつもトラブルが発生するみたいですね」

と仰る。う~ん、そう言われると本当に申し訳なくなるが、まあ古い機械は得てしてこんなもんでして。騙し騙し使わなければなりません。それともウチの子供達(装置)は人見知りするのかしら?

 

 もうちょっと聴いて戴こうと思ったら、Tさんから電話が入り、頼まれていたCDプレイヤーの修理が出来たから取りに来てくれとの事。と言う訳で彼らは慌ただしく帰っていった。うーむ、今日は子供達が不様な声を晒したから、この次は是非ともリベンジを果たしたい物だと思っていたら、そこへピンポ~ンとチャイムが鳴って宅配便が届いた。

 

 昨日フーさんが送ってくれたアンプが届いたようだ。そうです、オイラまた買っちゃったの。弱ったねえ、こう次から次へと買っていたんじゃ。経済状況が一段と悪くなって首でもつりかねない? まあ、とにかく買った物はしょうが有りません。アンプはこの間フーさんの所で聴いたアルテックの1570B(モノラル)2台です。片チャンネル165Wの管球アンプにしては大出力のアンプです。

 

 ふふふ、彼らはもう帰っちゃったからこのアンプの音を聞けないんだよね。ボクちゃん、まず散歩をして英気を養って、次いで腹ごしらえをしてからじっくりと聞くもんね。

 

 まだ中域に使用しているIPCのアンプの片チャンネルが音が出ないから、取り敢えずエレクトロボイスSP15Bに繋げて音出しだ。これはフルレンジスピーカーでマルチ・アンプ駆動はしてないから、この1570Bだけで十分鳴らせる。

 

 さて音出しです。はい、もう音が出た瞬間クレルのトランジスターアンプとは全然違います。クレルも純A級アンプで出力も40W出るのですが、全然叶いません。もう力感と音の厚みが違う。これでまだ1/3程度の出力しか出してないんだけどなあ。げに電源のしっかりしているアンプは違いますなあ。まあ、クレルだって2Ωのスピーカーさえ駆動できるほど電源はしっかりしてるんだけど、やはりこの違いは真空管半導体の違いなんでしょうかね。

 

 とにかく今迄は音は綺麗だし、さして不満と言う程のものは無かったんだけど、欲を言えばもう少し中低域に厚みと力感が欲しかった。でもどうやら満足出来そうです。後はマルチチャンネルの低域に使った場合、どんな風になってくれるか今から楽しみです。おっとそのまえに中域担当アンプの右チャンネルの音の出ないのを何とかしなければ。ま、焦らずやりましょ。

 

 さあ、これでまた新しい家族が出来ました。1570君、キミはあんまり人見知りするでないぞ。さてオイラはこの長い冬を新しい家族の仲間入りでじっくり音楽を楽しめそうです。フーさん、譲ってくれて有り難う。

 

ALTEC1570Bアンプ。でかい、重い。でも音は流石にイイ。因みに我が家のラックには縦にしてやっと入りました。

f:id:wasakoki7778:20211130210301j:plain

 

菊芋の保存方法

 毎年頭を悩ませているのが大量に採れた菊芋の保存方法だ。知人、友人にもお裾分けしているのだが、それでは追いつかない。最初に採れた年はまだ少ないから自家消費と友達にあげるだけで済んだので然程保存方法で頭を悩ませる事は無かった。

 

 ところが翌年からは大量に採れ始めたから、何とかして保存をしなければならなくなった。まあ巷間言われている塩漬けが一番手っ取り早いので二樽程着け、残りは土の中に埋めておく事にした。そして必要が有れば土の中から掘り出してきて消費していたのだが、冬の寒い中、土から掘り出し、洗って使うのが些か面倒なので勢い余り消費しなくなる。また塩漬けした方も使う時になって塩出ししようとしても間に合わない。使おうと思ったら前夜から塩出しなければならないのが厄介だ。

 

 また油断していると土に埋めた物が春近くなると芽を出してくるので、こちらもうかうかしていられない。使う時になって面倒な処理が必要だと正直あまり使わなくなるので、なかなか菊芋を消費出来なかった。

 

 そんな時千葉県に住む同級生のHさんに毎年菊芋を送っていたのだが、彼女から上手い保存方法を聞いた。菊芋をすり潰してペースト状にし、生クリームを加えて冷凍保存するというのので有る。おお、これなら使う時に解凍すればOKだから使いやすい。

 

 そこで早速私もやってみた。すり潰して裏ごしをすれば邪魔な皮は入らないから見た目もいい。まあ、少々ロスは出るが、なに、黴らせたり、腐らせたりするよりはいい。そしてスペースも余り要らなくなる。う~ん、女の人は流石良くこういう事を思いつく物だ。結果あれ程大量に有った菊芋が見事に全部保存出来ました。このペーストはサラダを初め、何にでも使えるのがいいね。土臭さも生クリームを入れたお陰でかなり解消出来てます。

 

 これなら今年は菊芋の消費は順調だろう。そうなりゃ糖尿病の私も数値が些か改善ンするかも知れない。いや~、持つべきものは友達ですな。

久し振りのコンサート

 お隣の町内のHさんから誘われて津軽三味線のコンサートに行ってきた。何でも奥様が風邪気味なので券を無駄にするのが勿体ないからと音楽好きの私を誘ってくれたらしい。有難い事です。もうライブやコンサートには最近はほとんど行ってなかったので、生の音楽を聴くのは耳の洗濯が出来て嬉しい。

 

 史佳(ふみよし)と言う方でお母様が高橋竹山会の二代目会長をやっていらっしゃる方で親子共演も度々行っているらしいです。今日はお弟子さんも加えた3人の演奏も聴かせてくれました。

 

 所謂津軽三味線は私もテレビやレコードで良く聴いていましたが、生演奏は初めてです。おしゃべりも交えての正味1時間45分の演奏でした。欲を言えばもう少し話を減らしてじっくりと演奏を聴きたかったところですが、聴衆を飽きさせないためには適当におしゃべりを交えるのも止むを得ないかも知れません。

 

 史佳さんはジャズ・ベーシストのロン・カーターとも共演された人で地元の新聞新潟日報にはその事が書かれていましたし、来年には地元新潟でそのロン・カーターと再び共演する約束があるそうです。

 

 最近は三味線をやられる方は世界を股にかけて演奏をやられている方が多いようですが、大抵津軽三味線の流れをくむ人が多いように思います。ジャズ・アーティストと波長が合うんでしょうかね。ただ私は三味線の良さは何もこんな芸術の高みを目指したものばかりでなく、お座敷芸としての三味線や、浪曲の曲師の奏でる三味線なんかがどちらかと言うと好きなんです。演奏者としては世界に打って出たいという気持ちも分かりますが、三味線の独特の味わいという物は本来お座敷芸や民謡、寄席などで発揮されてきたのではないでしょうか。

 

 津軽三味線は門付けと言う厳しい世界から産み出された物で有り、確かに素晴らしい物ですが、正直言って面と向かい、聴くこちら側もしっかり構えて聴かないと駄目みたいなところが有り、少々窮屈に感じるところもあるのです。その点先に挙げた所で奏でられる三味線は実にゆったりとくつろいで聴けるもので、ものぐさな私にはぴったりです。(笑)

 

 都々逸を三味線を弾きながら歌うなんぞ粋ではありませんか。また浪曲師と曲師の丁々発止も聞き物です。中々最近はテレビで聴く機会が減っているのが残念ですが。とは言え、本日の演奏にケチを付けているのでは有りませんぞ。私は三味線というと最近は津軽三味線のような物しか大衆が興味を示さない事に違和感を覚えているのです。粋な三味線も大切にしたい物ですね。

パソコンのメインテナンス

 この間超重量級のアンプを持ったので、どうもここの所腰が痛くてしょうがなかったが、漸く今日は痛みが幾分薄らいだ。じゃあ、午後はカレンダーの印刷でもするかと思っていたら電話が入った。

 

 以前パソコンの修理をしてあげたお隣の団地のHさんからだった。何でも動画が動かないらしいし、音楽ファイルの良い変換ソフトは無いかなどその他2,3相談事があるらしい。まあ、印刷などは何時でも出来るので、じゃあおいで下さいと返事をした。

 

 ソフトの承認なんかは簡単に出来たが、私が困ったのはパソコンの動作が遅い事だ。CPUがi5でメモリーが4G有ればそんなに遅くないはずなのだが・・・。。さてはゴミが溜まっているなと思い、ユーティリティー・ソフトを使い、不要なファイルの削除、次いでレジストリーの不要の書き込みなどの削除、更にCドライブのデフラッグも行う。そうしたらかなり改善され、Hさんも驚いていた。

 

 Windowsパソコンは長い事使っているとどうしてもゴミが溜まって動作が遅くなるから定期的なメインテナンスが必要だ。これを怠ってまた新しいパソコンに買い換えるなんて実に勿体ない。使える物は骨の髄までしゃぶりましょう。(笑)

 

 またインストールされていたiTunesインターネットラジオの機能がある事はお分かりになっていなかったようなので、聴けるようにしてあげたら大層喜んでおられました。オッホン、私は面倒を見たパソコンのアフター・サービスは斯様にちゃんとしてあげるのですよ。ま、これで当分このパソコンを使って色々楽しめそうですね。その他ファイルの関連付けだとか、自動動作の事だとか説明してあげたらかなり勉強になったとの事。

 

 私もHさんみたいに熱心な方は教え甲斐があるのでなるべくわかりやすく教えてあげたつもりです。パソコン教室ってワードの使い方みたいな事しか教えなくて、実は基本的な事が分かっておられない方は結構いると思います。Hさんにとっては目から鱗みたいでした。まあ、何でも分かると楽しいですよね。また遠慮無くお訊き下さいと送り出しました。あ、そうそう、お土産に戴いた干し柿美味しかったですよ~。またおいでになる時は必ずお持ち下さい。(アホ!)

 

大した事してないのにこんな美味しい干し柿戴いちゃったよ~ん。えー、次回も一つ宜しくおねげえしやす。(アホ!)

f:id:wasakoki7778:20211126181924j:plain

 

寒くなったあ

 朝から大荒れで新潟県には大雨警報が出される始末。風も強くて枯れ枝や枯れ葉が道路のそこら中に散乱していた。僅かな晴れ間を縫って散歩したが、その後また荒れてきた。私はこの頃から冬至頃までが一番嫌いな時期で、それはこれからどんどん寒くなるし、日暮れは早いし、どんよりした日が続くからである。

 

 1月に入って小正月の頃になれば日が差せば明るいし、雪が有ってもそんなに気にならない。寒さにも慣れる頃だし、日も幾分か延びる。そして春の期待が高まるからである。ところがこの時期は今冬どの位の雪が降るか皆目見当も付かないし、何よりこれから未知の世界に突入して行くようで大いに不安に駆られるのだ。

 

 まあ、ここの所寒いからエアコンは毎日稼働させているのだが、流石にこれだけ寒くなるとエアコンだけでは間に合わなくなってきた。そこで例年だと12月から出ないと稼働させなかった蓄熱暖房を明日から動かす事にした。まあやせ我慢して風邪でも引いたら元も子もない。例年より1週間程度早いが禁を破って動かそう。

 

 なに春が早く来るようだったら、その分早く切れば良いし、その辺は臨機応変という物だろう。ま、寒く感じるのはそれだけ私が歳を取ったのかも知れない。ともかく明日からは少しぬくぬくしていられるかも知れない。でもその分電気代は掛かるから、懐はぬくぬくどころか、冷え冷えとなりそう。ひんえ~。(笑)